キーラ、待望のロンドンで舞台デビュー

本格派女優めざして舞台へ
  • 本格派女優めざして舞台へ

キーラ・ナイトレイが、念願かなってロンドンで舞台デビューを果たすことになったと報じられている。

同舞台は、モリエール作の17世紀の名作「人間嫌い」の現代版。主人公のアルセストを演じるダミアン・ルイスは、シェイクスピア劇団などシアター俳優として有名な実力派で、キーラは、アルセストの恋人で軽薄で派手好きな映画女優に扮するそうだ。

また、舞台監督には、2007年にダニエル・ラドクリフが主役の「エクウス」でも舞台監督を務めたセア・シャーロックが決まっており、キーラの資質が試されることになりそう。既に歌と演技のレッスンを始めているキーラは、「昔から舞台を踏んでみたかったの。ちょっと恐ろしいけれど、でもかなりワクワクしています」とコメントしており、やる気は十分。

本公演は12月17日からで、本格派女優として開眼する日が近づいている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報