日本初!のどの乾燥レベルを予想する「のどカラ2予報」って?

インフルエンザや風邪の予防対策に!「のどカラ2予報」
  • インフルエンザや風邪の予防対策に!「のどカラ2予報」

朝晩の冷え込みで体調管理が難しいこの時期、乾燥した空気のせいでのどが“カラカラ”になる人も多いのでは? 10/19(月)、そんな人たちの予防対策として、日本初の“のどの乾燥予報”がキャドバリー「キシリクリスタル」のWebサイトで登場する。

それは、毎日の気象情報とかわいいイラストで“のどの乾燥レベル”が確認できる「のどカラ2予報」。北里研究所病院・耳鼻咽喉科部長の橋口一弘氏の医事監修・医療指導のもと、インフルエンザや風邪が流行しやすい気象条件、大気の乾燥とのどの乾燥の相関性を示す学術論文や過去の情報を収集・分析して“予報”を出すというものだ。

「これからの季節、予報をチェックして室内の加湿をしたり、のど飴をなめたり、水分をこまめに取るなど、毎日のケアに役立てていただければと思います」と話すのは、マーケティング本部の池田さん。

予報は、のどの乾燥対策を必要としない“セーフ”から、3つの“注意報”、1つの“警報”の5段階。日本地図上に表示され、全国9都市(札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島、高知、福岡)の地域ごとに毎日2回、6時と18時に更新される。

風邪や大気の乾燥から、のどのケアに関心が高まる時期。インフルエンザや風邪の予防にも役立つ“日本初の予報”を活用して、快適に過ごしてみてはいかがでしょう。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報