お父さん、お母さんの時代とは違う!婚活時代の結婚とは?

昨年3月に出版した「婚活時代」もドラマのタイトルとして取り上げられたり、すっかり定着した“婚活”。「婚活して結婚しました」という嬉しい報告もたくさんもらうのですが、その一方、いくら婚活しても「なかなか結婚できない」と嘆く人も。ひょっとしたら、間違った婚活をしていていないでしょうか?一年婚活しても、ちゃんとおつきあいする人ができない場合、一年をリセット期間として、一回自分の結婚の「条件」を見直してみることをおすすめします。

最近、いろいろな取材の結果、今みんなが結婚相手に出会えない、一番大きな原因がわかってきました。それは「男が養ってくれて当たり前」という女子の意識です。今「養ってくれる男性」は、ほんの一握り。ひと握りってどれぐらい…というと大体10人男子いたら1人ぐらいだそうです。そのひと握りの男性をめぐって争奪戦が繰り広げられているのが今の婚活です。

だいたい男性だって「一家を養う」ことにすごくプレッシャーを感じているのが今の時代。「普通の人がいいんです」という女子は多いのですが、その「普通」とは、「お父さんと同じような生活をさせてくれる人」という意味じゃないかしら。となると「普通」自体がもう違うからこそ、婚活しても相手が見つからないのでは…?

これからの時代の「普通」は、きっと男性も女性もしっかり働いて、男性も女性もいっしょに子育ても家事もすること。そんな二人が普通になっていくのだと思います。そのためにの女子力とは、細く長く働くこと。それをベースに、恋愛も結婚も考えると、ちょっと違う視野が拓けてきませんか?

婚活がうまくいかないと、なにか出口がないような気分になりますが、働くことを決めると、大きな窓が開きます。そこから気持ちのいい空気が入ってきて深呼吸できるようになる。婚活がうまく行かない人は、ぜひ、ベースの部分から考えてみてくださいね。

お父さん、お母さんの時代とは違う結婚…それが婚活時代の結婚なのです。【雑誌「シュシュ」で「アラサーの婚活」連載/白河桃子】

白河桃子:事情と結婚についてさまざまな媒体で執筆。近著は「あなたの娘や息子が結婚できない10の理由」(PHPエディターズ)
※注釈のないアンケートデータはシュシュ編集部調べです

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報