チークの正しい入れ方、若返る秘訣とは?

チークの入れる位置を、あらためておさらい。
  • チークの入れる位置を、あらためておさらい。

チークの魔力にはまっている女子が急増中って知ってました? 「立体感を出したり、血色感を与えたり…。表情を豊かにしてくれるチークのすばらしさを、今回ぜひみなさんに知っていただきたいの。チークの効果のすごさがわかれば、もうチークなしではいられなくなるはずよ!」(ケイコ先生)。

もともとは、ほお骨の出っぱった部分を隠し、鼻を高く見せるために使ったチークですが、いまでは、表情をイキイキとさせるために使う人がほとんど。「チークは年齢が上がるほどにひどくなる、くすみに対して、絶大な効果を発揮いたします。そのうえ、大人っぽく、かわいく、シャープに…など、自分のなりたい顔にもなれてしまうのよね」

チークといえば、ほおの一番高い位置に入れる…というのが一般的なのですが、実はこれが落とし穴になっている場合があるんです! 「ほおの一番高いところ、ってみなさん勘違いなさっているんですよ。ほんとうは、笑ったときに一番高くなるところなんですね。私は“基点”と呼んでいるのですが、そのポイントを押さえることがまずは大切です」

色が必ずのっていなければならない基点と、終点の把握。チークをのせるこの範囲さえわかってしまえば、80%は攻略したも同然です! 「それからもう1点大切なことが。ほお骨の下と目の下のくま周辺までチークが入ってしまうと、老けた印象に見えてしまうの。この点には注意をしてくださいね」

●チークを入れる基本の位置をおさらいしましょう

1.まずは色がのるかなめとなるべき“基点”。「見つけ方としては、目尻か黒目の外側と小鼻の下のラインが交わるところ。大体ココが、笑ったときに一番高くなるはずです」。

2.次に、チークの終点となるほお骨の延長線上にある骨の出っ張りを探そう。「こめかみの下の骨が出ているところがその場所です」。

3.最後にほお骨の下のラインを把握すれば完ぺき。「この骨より下に入れると老け顔になるので注意ですわよ!」

チークの入れ方の基本もサブ画像で紹介しているので、参考にしてね。【雑誌「シュシュでも「骨筋メイク」連載】

ケイコ先生=本名・横山恵子さん。パーソナルメイクサロン「MAMEW」主宰で、「骨筋メイク」の提案者。動画で見ると、ケイコ先生が教えてくれる「はさみハイライト」の方法がさらに詳しくわかります。YouTubeでチェック! 「シュシュ 骨筋」で検索してね。シュシュの骨筋連載をまとめた「骨筋メイク」(角川マーケティング)が本になりました。アイメイクが、こんなに簡単だったなんて!と絶賛発売中 

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報