本田望結「自分を信じれば夢や目標は絶対かなうと思う」(1/2)

「―『探偵少女アリサの事件簿』」で、主人公・綾羅木有紗を演じる本田望結
  • 「―『探偵少女アリサの事件簿』」で、主人公・綾羅木有紗を演じる本田望結

1月28日(土)夜9時から放送される「ドラマスペシャル『探偵少女アリサの事件簿』」(テレビ朝日系)で、主演を務める本田望結にインタビューを行った。小学生ながら、女優、フィギュアスケーターと多方面で活躍中の本田の素顔に迫る。

同作では、探偵を両親に持つ令嬢・綾羅木有紗(あやらぎありさ)を演じる。両親と過ごす時間が少なく、寂しさを秘めながらも、親譲りの推理力、洞察力を持つ。そんな有紗が、絶海の孤島で起きた「不思議の国のアリス」になぞらえた連続密室殺人事件の謎を解き明かす。

――「―『探偵少女アリサの事件簿』」の出演が決まったときの率直な気持ちは?

うれしさもありましたけど、心の中のどこかに不安や「大丈夫かな?」という気持ちもありました。

――本田さんが演じた、有紗はどんな女の子ですか?

明るい女の子に見えますが、実は悲しい、独りぼっちという部分があって。

自分ではそんなふうに思っていなくても、周りの人から見たら、悲しいんだろうなと感じられるように演じるのがすごく難しかったです。

有紗ちゃんにしたら、お父さんとお母さんが探偵で毎日のように海外やいろんなところに行っていて、一緒にいられずにすごく悲しいと思います。だからこそ、探偵に憧れを持っているっていうのは、すごくいいことだと思いますね。

そんな気持ちの中で頑張っている有紗ちゃんに心が動かされましたし、すごいなって思いました。

――陰のある主人公でしたが、演じるのは難しかったですか?

笑顔が多いんですけど、それだけじゃなく、雰囲気的に分かるように演じるのがすごく難しかったです。

ミステリーのお話なので、笑顔よりも悲しいような表情が多くなりますしね。

事件を扱う作品もやったことがなかったので、演技とはいえ本当に自分がこの世界に迷い込んだような気持ちになりました。毎日学ばせていただくことがたくさんあって、すごく楽しかったです。

――有紗を演じる上で、大切にしていたことはありますか?

ただ単にせりふを言うだけじゃなくて、どうすれば少し陰のある部分を演じられるのかなといつも考えながら演じていました。また、台本をたくさん読んで、有紗はどういう子かっていうのを常に考えて、表情を大切にしながら演じました。

――共演された田中圭さん、名取裕子さんの印象を教えてください。

名取さんは本当にお優しい方で、言葉で伝えられないくらい、感謝しかありません。女優さんとしても、人間的にも名取さんが本当に大好きです!

撮影期間中には、女優についてたくさんお話を聞かせてもらったり、お食事に連れて行ってもらったり、プレゼントもいただきました。本当に憧れの女優さんです。

田中さんとお会いするのは初めてではなく、バラエティーで何度かお会いさせていただいていて、とてもお優しい方です。田中さんとは一緒に事件を解決していくので、一緒のシーンが多かったです。

でも、今回謎の市議会議員さんという役なので、どこまで言っていいのかな?(笑) 台本を読んでいたので、先の展開を知っていましたが、どういう感じで話したらいいのかすごく難しかったです。

――撮影の際の印象的なエピソードはありますか?

撮影が終わったときには、いろんな気持ちが込み上げてきて、ちょっと涙しちゃいました。今まで経験したことのないようなことがたくさんあって、分からないことや「大丈夫かな?」という気持ちが強かったんです。でも、その中で監督やスタッフさん、共演者の皆さんとたくさん話をさせていただいて、とてもうれしかったです。

アクションのシーンもすごく印象に残っています。飛んだり、飛び降りたり、落ちちゃったり、跳ねたり、走ったり。1人アクションのようなシーンがたくさんありました。

今までアクションは何度かやったことありましたが、そんなにすごいアクションではなく、簡単な感じだったので。(大変だったアクションは)どこまで言っていいのかな…?(笑)

私は台本を読んでいるし、演技をさせてもらったから、犯人やどうなっていくのか知っているはずなのに、完成した作品を見たら、「あっ! そういうことか!」というふうに台本では分からなかった、皆さんの感情が理解できてすごく楽しめました。

ことしは1つレベルアップしないといけない年!(2/2)
  • 1
  • 2
ドラマスペシャル「探偵少女アリサの事件簿」
1月28日(土)夜9:00-11:06
テレビ朝日系で放送

◆ザテレビジョンからのお知らせ◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報