映画

野村周平に黒島結菜がキュンキュン?『サクラダリセット』で名コンビ誕生の予感

MovieWalker 2017年2月7日 10時00分 配信

河野裕の人気ミステリー小説シリーズを、主演に野村周平、ヒロインに黒島結菜を迎えて実写化する『サクラダリセット 前篇』(3月25日公開)と『サクラダリセット 後篇』(5月13日公開)。2016年11月上旬に都内で行われた本作の撮影現場を訪れ、野村と黒島にインタビューを敢行。

すべての写真を見る(10件)
本作は能力者が住む架空の街・咲良田(サクラダ)を舞台に、野村演じる「記憶保持」能力者の浅井ケイ(野村)と、世界を最大3日分巻き戻すことができる「リセット」能力者の春埼美空が、過去に「リセット」の影響を受けて亡くなった同級生の相麻菫を生き返らせようと奔走したことで巻き起こっていく運命を描く青春ミステリー。

昨年9月に始まった前後篇にわたる二部作の撮影が終盤に差し掛かり、野村は「本作はミステリーとして綿密に作られていながら、ケイと春埼のバディムービーのようであり、よく観ると恋愛モノにもなっている。複雑に絡み合いながらも、男女問わず観やすい作品に仕上がっている」と本作の魅力について語った。

『サクラダリセット』において欠かすことのできない能力を持つ春埼を演じた黒島は、「リセット」について「春埼はケイがいないと『リセット』できないし、『リセット』後に記憶がなくなってしまうので、彼がいてはじめて自分の能力を発揮できるんです」

「そして1日1回しか『リセット』できないというルールが決まっているから、簡単には能力を使わないという思いを持っているし、彼女が能力に思いを馳せるのは、泣いている人を見た時などで、人の悲しみを消したいという願いを持っているんだと思います」と振り返っている。

様々な能力者が出てくる本作で、実際にあったら便利だと思う能力について、野村は「記憶保持」と即答。その理由について「台詞もすべて一発で覚えられますし、俳優はケイの天職だと思います。僕自身、今回の現場で何度この能力が欲しいと思ったか」と冗談交じりに話しつつ、「やっぱり主人公の能力なんで、一番憧れられなきゃいけない」と思いを明かした。

見どころについて黒島は「能力という非現実的なお話のなかで、前後篇通して4つくらい事件が起きるんですけど、一つ一つに意味があっておもしろいです」

「あと、野村さんが真面目で正論を言う役で、いくつかカッコいいところがあるので、キュンキュンすると思います」と話し、すかさず野村が「いくつかなんだ」とツッコむなど、実際に名コンビぶりを発揮していた。【Movie Walker】

サクラダリセット 前篇

3月25日(土) 公開

河野裕の青春ミステリー小説を野村周平と黒島結菜を主演に迎えて実写映画化した2部作の前篇。住民の半数が特別な能力を持つ閉ざされた街・咲良田を舞台に、その...

おすすめ情報