意味深? 加護亜依、主演ムービーに“喫煙シーン”

タバコをまじまじと見つめる加護ちゃん。ついに喫煙シーンを披露する!?
  • タバコをまじまじと見つめる加護ちゃん。ついに喫煙シーンを披露する!?

世界中のショートフィルムを専門的に上映している、横浜のブリリア ショートショート シアター。若手の才能を発掘し、ショートフィルムの活性化を目指すシアターとして以前より注目を集めているが、来月、あの話題作がついにお目見え! それは、加護亜依主演のショートフィルム『彼女は何気にこうするのよと言い、』だ。

本作は、男女のすれ違いによって生まれる、切ない恋心を映し出す恋愛シチュエーションもの。加護は、その揺れ動くデリケートな気持ちを、持ち前のあどけなさや若さをもって熱演している。劇中で次第に、少女から大人の女性へと変化していくさまは、彼女自身も実生活とリンクしているようで、妙にリアル。また、プライベートでの喫煙が問題となった彼女だが、劇中にはそれを思わせるようなシーンが登場! 1本のタバコをジッと見つめる彼女は、そのスキャンダルもあったせいか、かなり印象的だ。

カメラマンには、劇場&テレビ版「相棒」シリーズの会田正裕を迎え、全体的にブルーを基調とした空間を創造。この独特な世界観にたたずむ加護は、アイドルとは違ったセクシーさが漂っている。大人の女へと成長する彼女の一瞬を切り取った本作は、ファンならずとも一見の価値アリだ。『彼女は何気にこうするのよと言い、』は、11月1日〜30日の期間中、アート&クラシックプログラム内にて上映。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報