シンケンレッド・松坂桃李が写真集で母親を“お姫様抱っこ”

「自分のを見られるのは恥ずかしい」と照れる松坂桃李
  • 「自分のを見られるのは恥ずかしい」と照れる松坂桃李

現在放送中の「侍戦隊シンケンジャー」(テレビ朝日系)に主人公・志葉丈瑠(シンケンレッド)として出演している松坂桃李が、ファースト写真集「桃李」を発売。それを記念して17日、都内で握手会が開催され、会場には1300人ものファンが駆け付けた。

「侍戦隊シンケンジャー」では渋いお殿様を演じている松坂だが、本作では打って変わって飾らない素顔が多数掲載されている。本人のお気に入りというつなぎを着た1枚では、純白のつなぎの上に現場で直接カラフルなペイントを施したとのことで、少年のようなやんちゃな笑顔を披露。また、巻末には母親を抱っこした貴重なツーショットも掲載されており、「撮影で実家に寄ったんですが、カメラマンに母をお姫様抱っこしてと言われて。意外に重かったです(笑)。母には恥ずかしいから載せないでと言われたんですが…」と申し訳なさそうにコメント。

ほかにも、地元・湘南の海をバックにしたショットなど、プライベートを織り交ぜた松坂の表情豊かな姿が収められている。そんな無垢な“殿様”姿をとらえた写真集だけに「シンケンジャー」のほかのメンバーにはまだ見せていないそうで、「この間、ブルー役の相葉(弘樹)くんの写真集を見ていて、格好いいなあと思いました。でも自分のを見られるのは恥ずかしい。できれば見せたくないです(笑)」と、照れながら本音を語った。

また、この日は松坂にとって初写真集の発売日であるとともに21歳の誕生日で、サプライズで贈られたケーキに本人も大喜び。「誕生日にこんなにたくさんの人に来てもらって本当にうれしいです。これからもいろんなことを吸収して、魅力ある役者になりたい。今、一番挑戦したいのは殺陣。『シンケンジャー』が終わっても殺陣は続けていきたいです」と21歳を迎えた決意を熱く語った。ちなみに、気になる恋愛については、「今は仕事が大事で、自分がある程度成長できてから。恋する余裕がないですね」とのこと。ひたむきに“役者道”を突き進む松坂の今後の活躍が楽しみだ。

写真集「桃李」
発売中 2100円(税込) ワニブックス

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報