“ユニクロフリース”誕生15周年!今年は過去最大の172アイテムが登場

ユニクロフリース誕生15周年のお祝いに駆けつけた、左からイッセー尾形さん、宮本笑里さん、三浦皇成さん
  • ユニクロフリース誕生15周年のお祝いに駆けつけた、左からイッセー尾形さん、宮本笑里さん、三浦皇成さん

ブレークのきっかけとなったユニクロのフリースが今年、発売15周年を迎える。そこで過去最大の172アイテムをそろえる2009年のフリース発表会が、20日、東京・六本木で開催され、これまでの軌跡を振り返った。

ユニクロはオリジナルのフリースを1994年に初めて発売し、その後1998年の原宿店オープンの際、1階すべてをフリース売り場にして1900円で販売。類のない価格の安さから連日大行列ができ、ユニクロの現在の地位を確立する基盤をつくった。そんな同社にとって思い出深い商品は今年で発売15周年。この節目の年に、過去最大のカラーと柄のバリエーションを展開し、その数なんと昨年の1.5倍に当たる172アイテム!

ラインナップは、いま若い女性に人気のモコモコ素材を使ったウィメンズファーリーフリースリバーシブルジャケット、今年ブームのアウトドアテイストを取り入れたブロックチェックのデザインがかわいいプリントフリースフルジップジャケットなど。トレンドを取り入れたアイテムが多数そろい、シーンに合わせたアイテムが選べる。メンズ・レディス共に1990〜3990円でサイズはS、M、L、XL、キッズは990〜1500円で110〜150cmの5サイズで展開する。

ユニクログループ執行役員の香川雅哉さんは、「フリースはユニクロの原点」と述べ、「毎年素材やデザインに改良を重ね、進化してきた。今後もフリースでは常にトップでいたい」と語った。

また、会場では初代イメージキャラクターを務めた歌手の山崎まさよしさんが出演した1999年のCMなど、過去のCM作品を放映。現在放映中のCMに出演する騎手の三浦皇成さん、バイオリニストの宮本笑里さんのほか、2006年に1人芝居でCM出演した俳優のイッセー尾形さんも駆け付け、3人で大きなケーキの火を吹き消してフリース発売15周年を祝った。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報