華やか!『ATOM』米プレミアで役所広司&YOSHIKIも興奮

役所広司、手塚眞、YOSHIKIがL.A.プレミア登壇!
  • 役所広司、手塚眞、YOSHIKIがL.A.プレミア登壇!

手塚治虫の不朽の名作「鉄腕アトム」の初の本格的映画で、日本ではファミリー層を中心にヒット中の『ATOM』が、10月23日の全米公開に先立ち、現地時間10月19日にL.A.にてプレミアが行われた。

レッドカーペットには、テンマ博士の日本語吹替えを担当した役所広司、監修の手塚眞に混じって、なぜか、X JAPANのYOSHIKIも登場。

実は、YOSHIKIは一時、本作の音楽プロデュースを担当することが決まっていたが、首の手術と重なったため断念した経緯があるとのこと。

役所は、「これほど華やかなLAプレミアでこんなに多くの人に見てもらいとてもうれしいです。皆さんの反応を楽しみにしています」と話し、YOSHIKIは、「子供の頃、鉄腕アトムで育ったので、長い期間を経て、この『ATOM』をアメリカで見ることができてとてもうれしいです。(映画を見て)思わず泣いてしまいました。多くの方に見ていただきたいと思っています」と感想を寄せた。

また、手塚眞は、「32年前に父とここで、『スター・ウォーズ』を見たことを思い出しました。今日は、父が一緒にいると思います」と泣けるようなコメント。

3人は、“ATOM”の友達となるコーラ役の吹替を担当したクリスティン・ベルと揃ってレッドカーペットを歩いた。プレミア会場にはファン2000人が集まり、90媒体以上のマスコミが集結。大変華々しいプレミアとなった。

映画『ATOM』は公開中の日本を含む世界60か国、全米3000スクリーンでの公開が決定している。フレディ・ハイモア、クリスティン・ベルをはじめ、ドナルド・サザーランド、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ケイジといった役者陣が揃う。世界が注目する『ATOM』がいよいよ世界に羽ばたく。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報